• 本

集まりの学としての社会学

出版社名 光生館
出版年月 2009年5月
ISBNコード 978-4-332-60091-6
4-332-60091-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 124P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

第1部 基礎編:集まりをとらえる(他者に拠り所を探る“私”
“私”の相互作用
集まりの中の“私”のポジション
集まりをかえる)
第2部 応用編:家族、地域社会、NPO(家族
地域社会
NPO)

著者紹介

後藤 隆 (ゴトウ タカシ)  
1956年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程社会問題・政策専攻単位取得中退。日本社会事業大学社会福祉学部福祉計画学科教員。専門は、社会学、社会調査法。近年ではとくに非定型テキストデータ分析を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)