• 本

子どものケータイ利用と学校の危機管理

出版社名 少年写真新聞社
出版年月 2009年6月
ISBNコード 978-4-87981-296-4
4-87981-296-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 127P 26cm

商品内容

要旨

インターネット接続型携帯電話=ケータイが登場して10年、見えにくいネットの中の子ども達の実態を把握し、その闇に沈む子ども達を救う、学校の危機管理に必須の書。

目次

第1章 子どものケータイ利用への危機意識と対応の混乱
第2章 なぜネット遊びが増殖するのか
第3章 リスクを発生させる情報環境・構造
第4章 深まる教師の悩み
第5章 ネットいじめの時代に
第6章 クライシス(事件・トラブル)への対応
第7章 必要になる学校のリスク管理
第8章 保護者、地域を学校の味方に

出版社・メーカーコメント

ケータイトラブルの対応に追われる現場の先生のために、今後必要とされるケータイ利用における危機管理について解説しています。

著者紹介

下田 博次 (シモダ ヒロツグ)  
青少年メディア研究協会理事長。愛知県生まれ。早稲田大学第一商学部卒業後、(財)日本情報処理開発センター企画調査主任、雑誌記者、放送番組制作から、群馬大学社会情報学部大学院研究科教授、群馬大学特任教授を経て現職。「青少年メディア研究協会」を主宰し、ホームページ「ねちずん村」を運営するなど、子どもたちのインターネット・携帯電話利用問題に取り組んでいる。警察庁「少年のインターネット利用に関する調査研究会」座長などを務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)