• 本

不況を乗り切る5つの方策 CDブック いま、何をすべきか

出版社名 サンマーク出版
出版年月 2009年6月
ISBNコード 978-4-7631-9937-9
4-7631-9937-4
税込価格 1,320円
頁数・縦 89P 19cm

商品内容

要旨

いくら困っても、自分だけが生き残っていこうというのではなく、苦しい中をみんなで耐えていくのだ、助け合いながら耐えていくのだという生き方を、ぜひともしていただきたいのです。経営の“カリスマ”が説く、苦境をチャンスに変える処方箋。

目次

金融危機はなぜ起きたか(すべてはサブプライムローンから始まった
「ラクをして儲ける」方法がもたらした弊害)
まずはトップが心をあらためる(思いやりの心がなければ経営はできない
苦しいときこそ助け合いながら耐えていく)
オイルショックをどう乗り切ったか(受注が十分の一に落ちたときに下した決断
賃上げ凍結はどうして受け入れられたのか
社員全員が一丸となって会社を守っていく)
不況を乗り切る5つの方策(考え方を共有し、社内の融和・団結を図る
徹底した経費削減で高収益体質をつくる
トップが自ら動き、営業力を強化する
新製品・新商品の開発に力を入れる
知恵をしぼり切って創意工夫に務める)
必死の努力に神は手をさしのべる(一人ひとりが「誰にも負けない努力」をせよ
必死の努力は必ず報われる
人類が共存できる社会をつくるために)

著者紹介

稲盛 和夫 (イナモリ カズオ)  
1932年、鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。1984年には稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。他に、若手経営者が集まる経営塾「稲和塾」の塾長として、経営者の育成にも心血を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)