• 本

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-492-55647-4
4-492-55647-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 195P 19cm

商品内容

要旨

「ケース面接」を擬似体験、模擬解答例から現役コンサルタントの思考プロセスが学べる。

目次

1 フェルミ推定系問題(日本の電球の市場規模はどのくらいでしょうか?
シカゴにピアノ調律師は何人くらいいますか?
日本に温泉旅館は何軒くらいありますか?
日本全国では犬は何匹くらいいるでしょうか? ほか)
2 ビジネスケース系問題(ロンドンオリンピックで日本のメダル数を増やすにはどうすればいいでしょうか?
羽田空港の利用者数を増やすにはどうすればいいでしょうか?
おしぼり会社の社長からおしぼりの売上げを伸ばしたいと相談されました。どのようにするのがいいでしょうか?
読売新聞の売上げを増やすためにはどうすればいいでしょうか? ほか)

出版社
商品紹介

外資系コンサルティング会社の採用面接で出題されている地頭力を問う問題と模範解答例を紹介。ビジネスパーソン、学生におすすめ。

著者紹介

大石 哲之 (オオイシ テツユキ)  
株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、All About「コンサルティング業界で働く」ガイド。1975年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。戦略グループのコンサルタントとして、全社戦略の立案、マーケティング、経営革新などのプロジェクトに携わる。就職支援のベンチャーの起業をへて、2004年株式会社ティンバーラインパートナーズを設立。コンサルタントへの転職ポータル「コンサルタントナビ」を運営するほか、新規事業創造領域のコンサルティングを強みとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)