• 本

テキストブック刑法総論

出版社名 有斐閣
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-641-04262-9
4-641-04262-4
税込価格 2,970円
頁数・縦 342P 22cm

商品内容

要旨

基礎的な知識や理解の確実な修得ができ、さらに刑法解釈学のもつ体系的思考の面白さが分かりやすく理解できる。刑法を受講する学生に配慮するべく、「平準化」を追求した最適の1冊。

目次

第1章 刑法の意義と機能
第2章 罪刑法定主義
第3章 犯罪論の基礎
第4章 客観的構成要件
第5章 主観的構成要件
第6章 正当化事由
第7章 責任阻却事由
第8章 未遂犯
第9章 共犯
第10章 罪数
第11章 刑法の場所的適用範囲

出版社
商品紹介

刑法総論の基礎的な理解を深めるための最良の概説書。基本原理を明らかにし,理論的かつ体系的な思考が得られるよう工夫した。

著者紹介

葛原 力三 (クズハラ リキゾウ)  
1959年生まれ。1982年関西大学法学部卒業。1986年関西大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得。1991年関西大学法学部専任講師。現在、関西大学法学部教授
塩見 淳 (シオミ ジュン)  
1961年生まれ。1984年京都大学法学部卒業。1984年京都大学法学部助手。現在、京都大学大学院法学研究科教授
橋田 久 (ハシダ ヒサシ)  
1964年生まれ。1988年京都大学法学部卒業。1993年京都大学大学院法学研究科博士後期課程研究指導認定退学。1995年京都産業大学法学部専任講師。現在、名古屋大学大学院法学研究科教授
安田 拓人 (ヤスダ タクト)  
1970年生まれ。1993年京都大学法学部卒業。1997年京都大学大学院法学研究科博士後期課程研究指導認定退学。1997年金沢大学法学部助教授。現在、京都大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)