• 本

ビール・イノベーション

朝日新書 188

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-02-273288-0
4-02-273288-1
税込価格 864円
頁数・縦 281P 18cm

商品内容

要旨

メソポタミアやエジプトなど、5000年前の文献に登場する人類の友・ビール。パンとビールが給料にもなっていた。世界各地のビール史をひもといて、最新ビール事情にいたる、「第3のビール」の先を読むキレとコク進化論。

目次

序章 ビール市場に起きた新旋風
第1章 ビールのルーツを探る
第2章 古代オリエントで栄えたビール造り
第3章 ゲルマン人が愛したビール
第4章 ビールがホップと出合う
第5章 中世の醸造所とビール職人
第6章 ラガービールを育てたビール王国
第7章 伝統的なエールを守るイギリス
第8章 近代科学を育てたビール醸造
第9章 ビールの巨人、アメリカン・ラガー
第10章 日本のビール事始め
第11章 ビールが日本の生活に馴染むまで
終章 時代が求めるビールを創る

著者紹介

橋本 直樹 (ハシモト ナオキ)  
1934年、京都市生まれ。京都大学農学部卒。キリンビール(株)に入社してビール醸造の科学と技術を研究。開発科学研究所長、ビール工場長を歴任し常務取締役で退任。現在、帝京平成大学教授。農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)