• 本

デジタルコンテンツをめぐる現状報告 出版コンテンツ研究会報告2009

出版社名 ポット出版
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-7808-0128-6
4-7808-0128-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 204P 19cm

商品内容

要旨

前線で、人々はどう考えているのか?出版、音楽配信、印刷・役所、ITの現場に訊く。

目次

第1章 出版コンテンツ研究会報告書
第2章 現状報告(「紙」にとらわれないコンテンツ
電子書籍流通の最前線
デジタル時代の印刷業の役割
コンテンツで得られる利益を再配分すべきだ
ウェブを身体で理解しろ)
第3章 出版コンテンツ研究会議事録

出版社・メーカーコメント

本が売れない。1996年にピークを迎えた出版物の総売上は、2008年にはその4分の3程度にまで落ち込んだ。; ;一方で、インターネットの利用者数は90年代後半の約8倍近くまで増加し、コンテンツの需要はますます増している。; ;そのような状況の中で、情報学研究、出版、大学、印刷、行政、コンテンツ流通、図書館、新聞、放送・イベント、ミュージアム、法曹という各分野から有志が集まり、出版コンテンツの今後を考える会として「出版コンテンツ研究会」が発足。; ;もう一度、出版という営みの原点に立ち戻り、出版コンテンツが

著者紹介

岩本 敏 (イワモト サトシ)  
小学館社長室顧問
佐々木 隆一 (ササキ リュウイチ)  
モバイルブック・ジェービー代表取締役会長
加茂 竜一 (カモ リュウイチ)  
印刷会社勤務
境 真良 (サカイ マサヨシ)  
経済産業省情報経済課課長補佐
小林 弘人 (コバヤシ ヒロト)  
インフォバーン代表取締役CEO(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)