• 本

私が見た21の死刑判決

文春新書 706

出版社名 文藝春秋
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-16-660706-8
4-16-660706-5
税込価格 880円
頁数・縦 286P 18cm

商品内容

要旨

重大犯罪を犯した被告たちはいったいどんな人間で何をしたのか?長年刑事裁判を見続けてきた著者が法廷で見た極刑犯たちの素顔。誰もが裁判員に選ばれる時代に必読の書。

目次

第1章 死刑宣告の瞬間
第2章 死刑判決者の本音
第3章 死刑と無期懲役の壁
第4章 揺れる被告と遺族の心
第5章 ひとりも殺していないのに死刑
第6章 裁判員制度と死刑判決

おすすめコメント

裁判員制度がスタートしましたが、あなたは、裁判で死刑と判断できますか――。麻原彰晃をはじめとするオウム信者、畠山鈴香、池袋の通り魔、光市母子殺害事件の元少年……。重大犯罪をおかした死刑犯は、いったいどんな人物で何をしたのか? そして、なぜ死刑を言い渡されたのか。あるいは、それを免れたのか――。長年にわたって精力的に幾多の裁判の取材を続けてきた著者が、それぞれの法廷で見てきた極刑裁判の様子と法廷で垣間見せた被告たちの素顔を綴りました。いつ裁判員に選ばれるか分からない時代に必読の書です。

著者紹介

青沼 陽一郎 (アオヌマ ヨウイチロウ)  
1968年長野県生まれ。早稲田大学卒。テレビ制作に関わった後、ジャーナリストとして独立。精力的な取材に基づく衝撃的なルポを発表し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)