• 本

経営行動 経営組織における意思決定過程の研究

新版

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-478-00913-0
4-478-00913-9
税込価格 5,500円
頁数・縦 567P 20cm
シリーズ名 経営行動

商品内容

要旨

組織における意思決定は人間の「限られた合理性」をいかにして超えられるか。『経営行動』は、意思決定過程の観点から組織を理解することに挑戦している。組織を維持し、また、修正することに管理責任を持つ、組織の設計者および管理者にとって、組織を上手に経営するための諸条件が示されている。ノーベル経済学賞に輝く経営組織研究の金字塔。

目次

第1章 意思決定と経営組織
第2章 経営理論の若干の問題点
第3章 意思決定における事実と価値
第4章 経営行動における合理性
第5章 経営決定の心理学
第6章 組織の均衡
第7章 権限の役割
第8章 コミュニケーション
第9章 能率の基準
第10章 忠誠心と組織への一体化
第11章 組織の解剖学
付録 経営の科学とはなにか

出版社・メーカーコメント

ノーベル経済学賞に輝いた著者が遺した、組織研究の金字塔! 組織の意思決定は人間の「限られた合理性」をいかにして超えるか。

著者紹介

サイモン,ハーバート・A. (サイモン,ハーバートA.)   Simon,Herbert A.
1916年生まれ。2001年没。最後はカーネギー・メロン大学リチャード・キング・メロン記念教授。シカゴ大学でB.A.およびPh.D.を取得し、哲学、心理学、社会学、行政学、経済学、経営学、コンピュータ科学、認知科学などさまざまな分野で輝かしい業績を残した国際的社会科学者であり、世界最高の権威。日本では、特に経営学者、組織理論研究者として広く知られる。1978年に組織における意思決定過程の研究でノーベル経済学賞を受賞
二村 敏子 (フタムラ トシコ)  
東京大学大学院社会科学研究科修士課程修了。東京大学大学院経済学研究科博士課程教育課程修了。現在、帝京平成大学現代ライフ学部教授、東京都立大学名誉教授。組織学会理事および産業・組織心理学会常任理事を経て、人材育成学会理事、しごと能力研究学会常任理事、産業・組織心理学会名誉会員
桑田 耕太郎 (クワダ コウタロウ)  
横浜国立大学経営学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。東京都立大学経済学部教授を経て、首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻教授
高尾 義明 (タカオ ヨシアキ)  
京都大学教育学部教育社会学科卒業。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。流通科学大学情報学部助教授等を経て、首都大学東京社会科学研究科経営学専攻教授
西脇 暢子 (ニシワキ ノブコ)  
京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。経済学博士。京都産業大学を経て、日本大学経済学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)