• 本

嘘は罪 下

角川文庫 く2−23

出版社名 角川書店
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-04-412423-6
4-04-412423-X
税込価格 817円
頁数・縦 421P 15cm
シリーズ名 嘘は罪

商品内容

要旨

突如、忍が姿を消した。風間は忍を追い、彼の母親が経営するスナックを訪れる。忍は実の母親に監禁され、その命を金に代えられようとしていた。そんな悲惨な状況でも、ひたすらに無垢で、その天才をただ歌うことだけに費やす忍を、風間は日のあたる場所に上らせてやりたいと願う。一方、妖艶な魅力を持つ黒須との、禁断の関係も続き…。魔都東京で生きる、不器用な男たちの絆の物語。

おすすめコメント

惜しまれつつも世を去った栗本薫が放つ、絶望と再生の東京サーガ!!時代の寵児として大ヒットを連発し、大スター・今西良の名を世に知らしめた作曲家の風間俊介。良を失った絶望の中、風間は野獣のような凶暴さを秘めた青年・忍と出会う。彼に天性の音楽の才を感じる風間だったが…。

著者紹介

栗本 薫 (クリモト カオル)  
東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人文学賞受賞。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。精力的に執筆に取り組む中で、がんを発症。闘病とともに創作を続けるも、2009年5月に他界(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)