• 本

空飛ぶタイヤ 下

講談社文庫 い85−10

出版社名 講談社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-06-276453-7
4-06-276453-9
税込価格 759円
頁数・縦 436P 15cm
シリーズ名 空飛ぶタイヤ

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 小が大を倒す、痛快さがたまりません。

    赤松運輸の反撃が始まった。上巻で歯がゆい思いもした方もこれでスッキリできます。赤松社長の人間性に嫉妬を覚えてしまいますが、池井戸作品には実際にはいないだろうという理想の経営者・上司が満載だ。大作ですが読み終えるのに時間はかかりません、あっという間に完読してしまいます。

    (2014年6月17日)

商品内容

要旨

事故原因の核心に関わる衝撃の事実を知り、組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱いた赤松。だが、決定的な証拠はない―。激しさを増すホープグループの妨害。赤松は真実を証明できるのか。社員、そして家族を守るために巨大企業相手に闘う男の姿を描いた、感動の傑作エンターテインメント小説。

おすすめコメント

トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。原因は「整備不良」なのか、それとも……。圧倒的エンターテインメント巨編!

出版社・メーカーコメント

その事故は事件だった!直木賞候補の話題作トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。原因は「整備不良」なのか、それとも……。圧倒的エンターテインメント巨編!

著者紹介

池井戸 潤 (イケイド ジュン)  
1963年、岐阜県生まれ。慶應義塾大学文学部・法学部法律学科卒。1988年、三菱銀行(当時)に入行。1995年、同行を退職。コンサルタント業の他、ビジネス書の執筆を手がける。1998年、『果つる底なき』(講談社文庫)で第44回江戸川乱歩賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)