• 本

アフガン、たった一人の生還

出版社名 亜紀書房
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-7505-0914-3
4-7505-0914-0
税込価格 2,750円
頁数・縦 445P 20cm

商品内容

要旨

民間人を殺すと罪になる?その民間人がテロリストの手先だとしても?山上で出合った山羊飼いを見逃したことで、仲間3人と救助隊員のすべてが死んだ。究極の状況で何が正しく、何が間違っていたのか?米海軍特殊部隊の唯一の生き残りが記す戦場の真実と、国内リベラル派への痛烈な批判。

目次

空飛ぶ倉庫でアフガニスタンへ
俺たちが小さかった頃、そして、ばかでかいオールド・アリゲーター
戦士の学校
地獄へようこそ、紳士諸君
敗残兵のように
「じゃあな、野郎ども、あいつらに地獄をお見舞いしてやれよ」
なだれのような銃弾
尾根での最後の戦い
爆破と銃撃により死亡と推定される
アメリカ人逃亡者、タリバンに追いつめられる
死亡記事はひどく誇張されていた
「2−2−8!2−2−8だ!」

出版社
商品紹介

特殊部隊4人のうち生還は一人。現地での戦闘とアメリカでの反響を追ったノンフィクション。

出版社・メーカーコメント

一人、また一人と仲間がやられていく; ;銃声は相変わらず聞こえていて、しかもだんだん近づいてくる。彼らは明らかにこちらに向かっている。おれはただ自分に言い聞かせていた──; ;動くな、息をするな、音を立てるな。; ;そのときだったと思う。; ;本当に完全に一人ぼっちなのだということを初めて身に沁みて感じたのは。; ;そして、タリバンはおれを追っている。彼らはもはやシールの小隊を追跡しているのではない。; ;おれだけをハンティングしているのだ。; ;(本文より); ;

著者紹介

ラトレル,マーカス (ラトレル,マーカス)   Luttrell,Murcus
テキサス州の両親が経営する牧牛農場で育った。1999年3月に海軍に入隊し、2002年1月に戦闘訓練を受けたシール(SEAL)隊員として三叉鉾を授与され、2003年4月にバグダッドにてシール第五チームに加わった。その後、2005年春にアフガニスタンに派遣される。2006年、ブッシュ大統領から英雄的戦闘行為に対し海軍十字章が授与された
ロビンソン,パトリック (ロビンソン,パトリック)   Robinson,Patrick
米軍を題材にした数々のベストセラー小説の著者として知られている
高月 園子 (タカツキ ソノコ)  
東京女子大学文理学部史学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)