• 本

青少年・若者の自立支援 ユースワークによる学校・地域の再生

出版社名 世界思想社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-7907-1434-7
4-7907-1434-9
税込価格 2,160円
頁数・縦 229P 19cm

商品内容

要旨

境界性喪失時代の自立を考察。ボランタリーなグループ参加が人間を育てる―この視点に立って、現代日本の青少年・若者が抱える自立への課題とユースワークによる成長支援の方向をさぐる。

目次

序章 規律モデルから成長モデルへ―そのパラドックス
第1章 グループの力を生かす自立支援の技法―なぜユースワークなのか
第2章 子どもの集団づくりと学校・地域の連携―コミュニティの学校支援
第3章 学校における児童生徒の自立支援―「未来」に向けた生徒指導
第4章 青少年のグループ・サークル活動―青少年施設の役割と自立支援
第5章 問題行動の発見と対応―「いじめ」空間の変容とメディア社会
第6章 若者のキャリア形成―新しい職業指導の課題
第7章 性支配の構造とセクシュアリティ―親密な関係性とDV
第8章 揺らぐ自立システムと若者支援の方途―「ホリスティックな自立」へ向けて
第9章 「一人前」の若者をどう育てるか
参考資料 戦後日本の青少年教育と青少年対策―生徒指導の変遷を中心に

出版社
商品紹介

現代日本の青少年、若者の自立への課題とそれをとりまく教育現実を客観的に見据え、自立への支援と学校・地域の再生の方途を考える。

著者紹介

柴野 昌山 (シバノ ショウザン)  
京都大学大学院博士課程退学(教育社会学専攻)。教育学博士。京都大学名誉教授。元早稲田大学特任教授。現在、関西福祉大学特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)