• 本

加奈子。何をしてやれたかな… 女優・深浦加奈子の父が綴った、大腸ガン闘病記

出版社名 主婦と生活社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-391-13830-6
4-391-13830-1
税込価格 1,296円
頁数・縦 207P 20cm

商品内容

要旨

父が綴った女優・深浦加奈子の素顔と、2060日に及んだ大腸ガン闘病のすべて―。

目次

序章 2058日目の遺言―最後の日々
第1章 ボスザル誕生―出生、幼少期
第2章 初ゴシップと自我―小学校時代
第3章 自主退学、演劇との出会い―中学、高校時代
第4章 女優・深浦加奈子。結婚より仕事―大学、劇団時代
第5章 青天の霹靂だったガン発見―壮絶闘病(前編)
第6章 最後の役者魂―壮絶闘病(中編)
第7章 「ありがとう。わたし、もういいの」―壮絶闘病(後編)
第8章 最初で最後の口づけ―家族葬、お別れの会
第9章 大海原を駆け巡る加奈子―散骨式
終章 すべての方へ感謝を込めて

出版社
商品紹介

加奈子さんの出生から、劇団時代、闘病生活を実際のエピソードを含めて、父である著者が語る。