• 本

幻の東京オリンピックとその時代 戦時期のスポーツ・都市・身体

出版社名 青弓社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-7872-2036-3
4-7872-2036-5
税込価格 4,320円
頁数・縦 448P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

1940年に開催が予定されていたにもかかわらず、38年に返上された東京オリンピック。「幻の東京オリンピック」の実態を、中止にいたる国際政治の力学、戦時下のスポーツ界の動向、都市開発の様子などを具体例に多数の写真・図版も添えて、多様な角度から照らし出す。

目次

第1部 オリンピックの政治的中立性!?(IOC会長バイエ=ラトゥールから見た東京オリンピック
イギリス協調外交と東京オリンピック―「自然死」を待つ帝国)
第2部 東京オリンピックの衝撃(東京オリンピックのインパクト―スポーツ空間と都市空間の変容
二つの東京オリンピック―広告グラフィズムの変容とプロパガンダ
アジアのオリンピック・東亜競技大会―紀元二千六百年の祭典)
第3部 総力戦とスポーツ界/武道界、都市(大日本体育会の成立―総力戦体制とスポーツ界
武道界の戦時体制化―武道綜合団体「大日本武徳会」の成立
標的としての都市―厚生省による運動施設拡充政策の展開
都市の思惑―名古屋市瑞穂運動場の誕生)
第4部 統制と奨励の諸相(学生野球の国家統制と自治―戦時下の飛田穂洲
関西メディアと野球―戦時下の甲子園大会を中心に
量産される集団体操―国民精神総動員と集団体操の国家的イベント化)

出版社・メーカーコメント

1940年に開催が予定されていたにもかかわらず、38年に返上された東京オリンピック。「暗い時代」の出来事として本格的に論じられてこなかった「幻の東京オリンピック」の実態を、中止にいたる国際政治の力学や戦時下のスポーツ界の動向などから照らし出す。

著者紹介

坂上 康博 (サカウエ ヤスヒロ)  
1959年、大阪府生まれ。一橋大学教授。専攻はスポーツ史、スポーツ社会学、社会史
高岡 裕之 (タカオカ ヒロユキ)  
1962年、奈良県生まれ。関西学院大学教授。専攻は日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)