• 本

つぎはぎだらけの脳と心 脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか?

出版社名 インターシフト
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-7726-9516-9
4-7726-9516-8
税込価格 2,420円
頁数・縦 349P 19cm

商品内容

要旨

その場しのぎで進化してきた、つぎはぎだらけの脳。“人間らしさ”も、こうしたいい加減な作りの脳からこそ、生まれた。私たちの愛、記憶、夢、神…なども、その産物にほかならない。“脳の可塑性”研究における国際的リーダーであり、池谷裕二氏が「同業者として“神様”のような存在」と称えるリンデン教授が放つ、脳と心の常識をひっくり返す話題作。

目次

1章 脳の設計は欠陥だらけ?
2章 非効率な旧式の部品で作られた脳
3章 脳を創る
4章 感覚と感情
5章 記憶と学習
6章 愛とセックス
7章 睡眠と夢
8章 脳と宗教
9章 脳に知的な設計者はいない

著者紹介

リンデン,デイビッド・J. (リンデン,デイビッドJ.)   Linden,David J.
ジョンズ・ホプキンス大学医学部・神経科学科教授。脳内の情報記憶に関わる細胞基質などの研究に取り組む。脳の可塑性の研究分野では、国際的リーダーの一人。『Journal of Neurophysiology(神経生理学ジャーナル)』の編集長も務める。米・メリーランド州ボルティモア在住
夏目 大 (ナツメ ダイ)  
翻訳家、ライター。翻訳学校「フェロー・アカデミー」講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)