• 本

琉球ゴールデンキングスの奇跡

出版社名 学研プラス
出版年月 2009年10月
ISBNコード 978-4-05-404331-2
4-05-404331-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

プロバスケットボール・bjリーグの2009年シーズンに全国12チームの頂点に立ったのは、球団設立2年目の琉球ゴールデンキングスだった。東京生まれの著者が惚れ込んだ沖縄に初のプロチームを立ち上げ、1年目は最下位。だが、コーチを変え、編成を変え、沖縄出身の選手の力を借りながら2年目で奇跡の優勝。「沖縄のためにプレーしよう」美しい島と人々が夢をつかんだ奮闘と情熱の記録。

目次

第1章 「奇跡」奇跡の優勝(2009)(沖縄のために勝つ
東京アパッチの苛立ち ほか)
第2章 「創設」希望に満ちた設立期間(2005〜2007)(バスケットボールと私
テレビメディアで感じた閉塞感 ほか)
第3章 「苦悩」失意の第1シーズン(2007〜2008)(チームを作る
開幕戦と倒産危機 ほか)
第4章 「改革」変革の第2シーズン(2008〜2009)(チーム再編成
ジェフに恋してアトランタへ ほか)
第5章 「未来」キングスと沖縄の明日(2009〜)(新たなるスタート
澤岻直人との決別 ほか)

出版社
商品紹介

プロバスケットボール参入2年目の琉球キングスが奇跡の優勝。沖縄初のプロチームを立ち上げた著者と地元選手の奮闘と情熱の物語。

おすすめコメント

プロバスケットボール・bjリーグの2009年シーズンに奇跡の優勝を果たしたのは、参入2年目の琉球キングスだった。東京生まれの著者が、縁も縁もない沖縄に初のプロチームを立ち上げ、地元出身の選手とともに夢をつかんだ奮闘と情熱の物語。

著者紹介

木村 達郎 (キムラ タツロウ)  
1973年6月15日、東京都渋谷区生まれ。筑波大ではバスケットボール部に所属。卒業後、アメリカへ大学院留学し、勉学の傍らNBAなどメジャースポーツを独自取材。スポーツとメディアについても着目しエマーソン・カレッジのマスコミ研究科修士課程修了。NHK系列の番組制作会社でスポーツ中継などを担当、国内外のバスケットボールの公式戦を中継した。「沖縄にプロバスケを!」事務局を経て、06年10月に沖縄バスケットボール株式会社を設立、代表取締役兼GMに就任した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)