• 本

死者の軍隊の将軍

東欧の想像力 5

出版社名 松籟社
出版年月 2009年10月
ISBNコード 978-4-87984-272-5
4-87984-272-9
税込価格 2,200円
頁数・縦 301P 20cm

商品内容

要旨

掘り起こすのは、遺骨と、記憶と、敵意と、徒労感と…第二次大戦中にアルバニアで戦死した自国軍兵士の遺骨を回収するために、某国の将軍が現地に派遣される。そこで彼を待ち受けていたものとは…。

著者紹介

カダレ,イスマイル (カダレ,イスマイル)   Kadare,Ismail
1936‐。アルバニアの作家・詩人。1936年、同国南部のジロカスタルに生まれる。ティラナ大学卒業後、モスクワに留学するが、アルバニアとソ連の関係悪化をうけて帰国した。その後ジャーナリストとして活動しながら、詩や小説を発表。1963年の小説『死者の軍隊の将軍』が国際的に注目され、作家としての地位を確立する。労働党の一党体制下で制限を受けながら執筆を続けていたが、1990年にフランスへ亡命。翌年、複数政党制となった母国に帰国、現在も旺盛な執筆活動を続けている。第1回「国際ブッカー賞」受賞
井浦 伊知郎 (イウラ イチロウ)  
1968年、福岡生まれ。1998年、広島大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。博士(文学)。1998〜2001年、日本学術振興会特別研究員。現在、広島文教女子大学非常勤講師(ドイツ語)。専攻はアルバニア語学、バルカン言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)