• 本

始めませんか子どもがつくる「弁当の日」

シリーズ子どもの時間 5

出版社名 自然食通信社
出版年月 2009年10月
ISBNコード 978-4-916110-70-1
4-916110-70-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 177P 19cm

商品内容

目次

“弁当の日”の隠し味
「守備範囲」という自主規制を超えて
家族の間に深まる大切な存在への気づき
“弁当の日”と“ありがとう”
“弁当の日”がかわいそうな子をあぶりだす?
「がんばらない」と「あきらめない」のこころ
過度の自主規制より、楽しくなる仕事にチャレンジ
「チェルノブイリ」と「弁当の日」を結ぶ“あったかさ”
食べること・作ることの意味を“弁当の日”で
失敗が失敗で終わらない人生

著者紹介

鎌田 實 (カマタ ミノル)  
1948年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。1988年、長野県諏訪中央病院院長に就任。一貫して住民とともにつくる医療を提案・実践。1991年、日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)設立。ベラルーシ共和国の放射能汚染地帯の病院へ、18年間にわたり医師団を派遣し、約4億円の医薬品を支援してきた。諏訪中央病院名誉院長。東京医科歯科大学臨床教授。日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)理事長。日本・イラク・メディカルネット(JIM‐NET)代表
竹下 和男 (タケシタ カズオ)  
1949年、香川県生まれ。香川大学教育学部卒業。県内の小・中学校、教育行政職を経て、2000年より綾南町立(現綾川町)滝宮小学校、2003年より国分寺町立(現高松市)国分寺中学校、2008年より綾川町立綾上中学校校長。「子育て」や「食育」について全国で講演中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)