• 本

若きヘミングウェイ 生と性の模索

出版社名 南雲堂
出版年月 2009年10月
ISBNコード 978-4-523-29311-8
4-523-29311-2
税込価格 4,400円
頁数・縦 430P 20cm

商品内容

要旨

生地オークパークと、アメリカ修業時代を徹底検証し、新しい視座でヘミングウェイ像を構築する俊秀の論考。

目次

変容するヘミングウェイ批評
1 描かれなかった故郷の町―イリノイ州オークパーク
2 未熟という魅力―戦後のアメリカ修業期
3 幻想と傷を探る―短編小説と郷愁のミシガン
4 「男らしさ」の揺らぎ―長編小説と女たち
ヘミングウェイを許した故郷の町

著者紹介

前田 一平 (マエダ カズヒラ)  
1953年、高知県中村市生まれ。広島大学大学院博士課程修了。セントラル・ワシントン大学客員教授、ワシントン大学客員研究員。文学博士(広島大学)。現在、鳴門教育大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)