• 本

デイン家の呪い

新訳版

ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 143−6

出版社名 早川書房
出版年月 2009年11月
ISBNコード 978-4-15-077306-9
4-15-077306-8
税込価格 864円
頁数・縦 406P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

コンチネンタル探偵社の調査員の私は、科学者のエドガー・レゲット邸で起きたダイヤモンド盗難事件をきっかけに、博士の娘ゲイブリエルと知り合う。麻薬に溺れ、怪しげな宗教に傾倒する彼女を私は救おうとするが、その周辺では関係者の自殺や謎の死など怪事件が次々と…果たして一族に伝わる恐るべき呪いなのか?ハードボイルドの巨匠による異色作、半世紀ぶりに新訳なる!ハメット研究の第一人者による待望の訳業。

著者紹介

ハメット,ダシール (ハメット,ダシール)   Hammett,Dashiell
1894年アメリカ、メリーランド州生まれ。さまざまな職業を経て、1915年、20歳のときにピンカートン探偵社に入社するも、体調を崩し六年後に退社。療養生活を送りながら、『ブラック・マスク』などのパルプ雑誌に探偵時代の経験を盛り込んだ短篇の寄稿を始めた。1929年に長篇『赤い収穫』『デイン家の呪い』を矢継ぎ早に発表。1930年の『マルタの鷹』は何度も映画化されるなど、ハードボイルドの名作として名高い。1961年没
小鷹 信光 (コダカ ノブミツ)  
1936年生、早稲田大学英文科卒。ミステリ評論家・翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)