• 本

いい家は無垢の木と漆喰で建てる

文春文庫 か45−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2009年12月
ISBNコード 978-4-16-777324-3
4-16-777324-4
税込価格 748円
頁数・縦 309P 16cm

商品内容

要旨

紙とビニールで作られた幅木、中身がボール紙のドア、重くて耐久性のないセメント瓦―住宅メーカーの言いなりでいるとこんなひどい材料の家にされてしまう。無垢の木と漆喰を使った家こそが「いい家」であるという信念で自然素材を使った住宅を造ってきた著者が、理想の家とは何かを豊富な実例を使って明らかにする。

目次

第1部 いい家とは何か(こんな材料で「いい家」と言えるのか
ビニールクロス張りの家が「いい家」なのか
合板フローリングの床で「いい家」と言えるのか
集成材や米ツガの土台にビックリ
「専門家」の言うことを鵜呑みにしてはいけない ほか)
第2部 いい家を建てるための87の知恵(にせものを見抜く知恵
無垢の木を生かして使う知恵
丈夫な木の家を建てる知恵
後悔しない家づくりの知恵)

出版社・メーカーコメント

家を建てる、建てないに関係なく、家のあり方に興味のあるかたはご一読ください。 住宅メーカーの建材が、いかに石油系接着剤多用の建材中心で、健康に良くないかを説き、ヒノキや青森ヒバ、杉など、自然素材と漆喰を使った住宅の素晴らしさを紹介する。

著者紹介

神崎 隆洋 (カンザキ タカヒロ)  
1943年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、コンピュータソフト会社に勤務するが、住宅建築の仕事と出会い、1980年、神崎建設(株)を設立。桧、青森ヒバ、杉、チーク、タモなど、無垢の木と漆喰にこだわった家づくりで数多くの実績を持つ。一級建築士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)