• 本

IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入

出版社名 リックテレコム
出版年月 2009年12月
ISBNコード 978-4-89797-830-7
4-89797-830-0
税込価格 2,808円
頁数・縦 349P 21cm

商品内容

要旨

欲しいのは具体策!アドレス再割当からルータ設定まで今やるべきことがピンポイントでわかる。

目次

1 「IPv4枯渇」とは何なのか?
2 IPv4枯渇対策の方法と種別
3 IPv6の基礎知識
4 IPv6の挙動を理解する
5 IPv4枯渇対策計画
6 IPv6のサービス企画
付録 仮想検定試験「IPv6マスター」厳選問題集

出版社
商品紹介

IPv4アドレスの枯渇対応策とIPv6への移行対策をITエンジニア向けに詳述。

著者紹介

大元 隆志 (オオモト タカシ)  
大阪府出身。1999年、CTCテクノロジー(株)に入社。2001年より通信事業者の大規模案件を手がける。2004年に現在の伊藤忠テクノソリューションズ(株)(CTC)へ移籍し、SEとして通信事業者のネットワーク設計を担当。設計・構築・保守にわたる経験を活かし、2007年よりプリセールス活動に従事する傍ら、「次世代IX研究会」に参加。MPLSベースのバックボーン構築やNGN関連技術の動向調査を行う過程で、IPv4枯渇問題およびIPv6導入の重要性に気づき、社内外約80名にIPv6トレーニングを実施したほか、2009年3月にはCTC主催IPv6セミナーのメインスピーカを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)