• 本

いつか陽のあたる場所で

新潮文庫 の−9−39

出版社名 新潮社
出版年月 2010年2月
ISBNコード 978-4-10-142549-8
4-10-142549-3
税込価格 637円
頁数・縦 348P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 芭子29歳と綾香41歳の女の友情に斬り込んだ「マエ待ち女二人組」シリーズふたりにはそれぞれ人に知られてはいけない暗い過去があった。けなげな女二人のサスペンスフルな日常を描く人気作。第2弾「すれ違う背中を」も発売中です。

    (2013年11月18日)

  • 心の洗濯機みたいな作品です

    シリーズもので良作なら、人生の楽しみが一つ増えます。幸せな気持ちですが、次が待ち遠しいので、早く恋人に会いたいという気持ちにも通じているようです。作中の「芭子」と「綾香」にまた会いたい。会いたい人物が二人もいるなんて、幸せすぎて悶絶してしまいそうです。(mogi)

    (2013年1月31日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。ふたりにはそれぞれ暗い過去があった。絶対に人に知られてはならない過去。ふたりは下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃―。綾香が魚屋さんに恋してしまった!心理描写・人物造形の達人が女の友情に斬り込んだ大注目の新シリーズ。ズッコケ新米巡査のアイツも登場。

おすすめコメント

芭子29歳、綾香41歳、誰にも言えぬ過去あり。セクハラにも変な巡査にもめげず、健気に生きる。森谷芭子29歳、江口綾香41歳。ふたりにはそれぞれ暗い過去があった。絶対に人に知られてはならない過去。ふたりは下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃──。綾香が魚屋さんに恋してしまった! 心理描写・人物造形の達人が女の友情に斬り込んだ大注目のシリーズ。ズッコケ新米巡査のアイツも登場。

著者紹介

乃南 アサ (ノナミ アサ)  
1960(昭和35)年、東京生れ。早稲田大学中退後、広告代理店勤務などを経て、作家活動に入る。’88年『幸福な朝食』が日本推理サスペンス大賞優秀作になる。’96(平成8)年『凍える牙』で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)