• 本

カッコウの卵は誰のもの

出版社名 光文社
出版年月 2010年1月
ISBNコード 978-4-334-92694-6
4-334-92694-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 357P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • 他の鳥の巣に卵をうみつける「カッコウ」。妻の死を機に自分の一人娘が実の子ではなかったことを知る主人公、緋田宏昌。その娘は彼をも凌ぐスキーヤーに成長したが娘の大会出場を妨害する脅迫者が現れる。

    (2013年11月8日)

  • オリンピックの今読みたい一冊。

    元オリンピックに出場した主人公。娘もまた、スキーの有能選手だ。
    ある研究所が「有能なスポーツ選手の親子の遺伝子を調べたい」と協力を依頼されるが、かたくなに拒否する。
    『これは遺伝でもなんでもないのだ、なぜならそれは・・・。』
    こいつが犯人?いや、こっちか?え〜〜、そうだったの〜、と2転3転。
    冬季オリンピック、いよいよ開幕です。

    (2010年2月12日)

  • このタイトルに惹かれてしまいました。

    とても驚きの子育てで有名なカッコウ…
    本当に最後まで読まないと深い意味に行き着けません。
    スキーのこと…スポーツ科学のこと…エレキギターのこと
    この一冊は色々な雑学に強くなれます。(ひ)

    (2010年2月1日)

  • 冬季オリンピック前に是非!!

    著者はいわずと知れた『東野圭吾』今回は親子と言っても、親の愛情の物語。
    カッコウは托卵で雛を育てる。才能は親から貰ったものでもそれは誰のものでもない。
    トップスキーヤーの親子に起こったとてつもない事件。その事件を解決に導くのは、カッコウたちである。冬季オリンピック前に是非読んで欲しい一冊。

    (2010年1月21日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が。

おすすめコメント

隠し事のある父は、才能のある娘の幸せを願っていた。だが親子の愛情に揺さぶりがかけられるような事件が起こる。覚悟を決めた父は、試練にどう立ち向かうのか。才能と親子の絆をめぐる感動長編。

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。以後、意欲的に作風を拡げ、幅広い層の読者の人気を集める。1999年、『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で第134回直木賞と第6回本格ミステリ大賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)