• 本

日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率

講談社+α新書 503−1C

出版社名 講談社
出版年月 2010年2月
ISBNコード 978-4-06-272638-2
4-06-272638-6
税込価格 922円
頁数・縦 189P 18cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

「日本は農業が衰退しており、食料のほとんどを輸入に頼っている。世界的な食糧不足の時代に対応するために、もっと自給率を上げなければいけない」というのが今、国民一般の認識であり、政府の農水政策・行政の前提になっている。しかし、本書で、月刊「農業経営者」の副編集長を務める著者は、その“常識”に疑問を投げかける。正しい数値を用いて計算すれば、「日本は世界で5番目の農業大国」であり、「食料自給率はすでに高い水準にある」というのだ。そして、その事実が、農水省や政府によって意図的に隠蔽されていることを糾弾。正しい認識のうえに立った、さらなる農業振興の方向性を提言している。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2010年5月7日])

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

商品内容

要旨

食糧危機と農業弱者論は農水省によるでっち上げ!年生産額8兆円はアメリカに次ぐ先進国第2位!生産高―ネギ1位、キャベツ5位、コメ10位!7%の超優良農家が全農産物の60%を産出。

目次

はじめに―日本農業弱者論はまったくの事実無根
第1章 農業大国日本の真実
第2章 国民を不幸にする自給率向上政策
第3章 すべては農水省の利益のために
第4章 こんなに強い日本農業
第5章 こうすればもっと強くなる日本農業
第6章 本当の食料安全保障とは何か

おすすめコメント

カロリーベースの自給率を使うのは世界でも日本だけ。予算ぶん捕りのための農水省の陰謀だった?日本農業は、中国、インド、米国、ブラジルに次いで世界5位だ! 農業本ブームのなかで燦めきを放つ理論編!

出版社・メーカーコメント

年生産額8兆円はアメリカに次ぐ先進国第2位!食糧危機と農家弱者論は農水省によるでっち上げ!生産高――ネギ1位、キャベツ5位、コメ10位!7%の超優良農家が全農産物の60%を産出!自給率が示す数字と一般的な感覚がかけ離れているのは、農水省が意図的に自給率を低く見せて、国民に食に対する危機感を抱かせようとしているからである。では、なぜそんなことをするのか。端的にいうと、窮乏する農家、飢える国民のイメージを演出し続けなければならないほど、農水省の果たすべき仕事がなくなっているからだ。そして、どうすればラクをして儲けられるか、いかにして省や天下り先の利益を確保するかという自己保身的な考え方で、農水省が農業政策を取り仕切っているからである。農水省幹部の頭には、国民の食を守るという使命感などまるでない。

著者紹介

浅川 芳裕 (アサカワ ヨシヒロ)  
1974年、山口県に生まれる。月刊「農業経営者」副編集長。1995年、エジプト・カイロ大学文学部東洋言語学科セム語専科中退。ソニーガルフ(ドバイ)勤務を経て、2000年、農業技術通信社に入社。若者向け農業誌「Agrizm」発行人、ジャガイモ専門誌「ポテカル」編集長を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)