• 本

人間らしさとはなにか? 人間のユニークさを明かす科学の最前線

出版社名 インターシフト
出版年月 2010年3月
ISBNコード 978-4-7726-9518-3
4-7726-9518-4
税込価格 3,960円
頁数・縦 605P 20cm

商品内容

要旨

人間らしさとはなにか?どこがユニークなのか?先端科学の解答がここにある。意識、言語、社会、倫理、芸術、コミュニケーション、心と体、サイボーグ化―“人間”に秘められた大いなる謎を明かすべく、脳神経科学の第一人者が、満を持して放つ渾身の書。人間探究のサイエンスとしての脳科学の到達点。

目次

1 人間らしさを探究する(人間の脳はユニークか?
デートの相手にチンパンジー?)
2 ともに生き抜くために(脳と社会と嘘
内なる道徳の羅針盤
他人の情動を感じる)
3 人間であることの栄光(芸術の本能
誰もが二元論者のように振る舞う
意識はどのように生まれるか?)
4 現在の制約を超えて(肉体など必要か?)

著者紹介

ガザニガ,マイケル・S. (ガザニガ,マイケルS.)   Gazzaniga,Michael S.
カリフォルニア大学サンタバーバラ校の心理学教授、「心の研究のためのSAGEセンター(SAGE Center for the Study of the Mind)」「認知神経科学夏期講座(Summer Institute in Cognitive Neuroscience)」のディレクター。認知神経科学学会(Cognitive Neuroscience Institute)会長、アメリカ芸術科学アカデミー会員
柴田 裕之 (シバタ ヤスシ)  
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)