• 本

誹諧連歌に見る中世の笑い

幻冬舎ルネッサンス新書 く−1−1

出版社名 幻冬舎ルネッサンス
出版年月 2010年2月
ISBNコード 978-4-7790-6014-4
4-7790-6014-1
税込価格 922円
頁数・縦 180P 18cm

商品内容

要旨

日本の古典とはとっつきにくい上品なものばかりだと思ってはいないだろうか。なかでも誹諧連歌というと、何か難しいものだと思いがちである。ところが意外にも「オヤジギャグ」や「しもネタ」といった現代にも通じる笑いの数々に、180度その印象が変わる。本書では、中世の人々のユーモアとペーソスがあふれ、おおらかでエネルギッシュな誹諧連歌の魅力を紹介していく。

目次

第1章 迷い多きこのすばらしい人生(世の定め
家族が一番)
第2章 男児たるものは(遠くて近きは男女の仲
あらぬところがたいへんだ)
第3章 懐さむしと酒うまし(地獄の沙汰も金次第
酒天之美祿)
第4章 命あってなんぼ(逃げるが勝ち
困った時の神頼み)
第5章 時の流れに身を任せつつ(変わらぬものは何もない
風流に涙…)

著者紹介

栗 潤一郎 (クリ ジュンイチロウ)  
1962年(昭和37)生まれ。サラリーマン生活を20年以上過ごし、2008年退職。現在、「食」や地方の活性化を促進する活動に従事し、老人クラブのセミナー講師なども務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)