• 本

コーヒーのグローバル・ヒストリー 赤いダイヤか、黒い悪魔か

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2010年2月
ISBNコード 978-4-623-05620-0
4-623-05620-1
税込価格 3,300円
頁数・縦 326,6P 20cm

商品内容

要旨

コーヒーは石油につぐ巨大市場を形成する一次産品であると同時に、グローバル化時代の南北問題を鮮やかに象徴する農業生産品でもある。多様な意味を内包するコーヒーの歴史を文脈化して整理し、「コーヒーで結ばれた世界」を見渡すための歴史的視座を明示する、刺激にみちたグローバル・ヒストリーの試み。

目次

世界を魅了するコーヒー
第1部 コーヒーから見た人の歴史と社会(歴史をめぐるコーヒーの旅―アフリカからラテンアメリカへ
輸出農産品としてのコーヒーとその特色)
第2部 コーヒーとラテンアメリカの近代化(ブラジル―他を圧倒する世界最大のコーヒー生産国
コスタリカ―品質で勝負する中米の老舗コーヒー生産国
コロンビア―世界に名高い最大のマイルド・コーヒー生産国)
第3部 コーヒー消費国の諸相(アメリカ―世界のコーヒー流通を仕切る最大のコーヒー消費国
日本―アジア随一のコーヒー消費国の歴史とその特色)

著者紹介

小澤 卓也 (オザワ タクヤ)  
1966年東京都生まれ。1998年立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了。立命館大学博士(文学)。現在、大阪学院大学、京都産業大学、神戸女学院大学、立命館大学、龍谷大学、各非常勤講師。専門はラテンアメリカ近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)