• 本

アメーバのように。私の本棚

ちくま文庫 な19−2

出版社名 筑摩書房
出版年月 2010年3月
ISBNコード 978-4-480-42690-1
4-480-42690-6
税込価格 1,210円
頁数・縦 525P 15cm

商品内容

要旨

世の中どう変わろうと、読み継がれていって欲しい本を熱く紹介。ここ20年間に書いた書評から選んだ「ベスト・オブ・中野書評」。文庫オリジナルの偏愛中野文学館。

目次

1 平成雑食(『手塚治虫の時代』石上三登志
『なつかしい芸人たち』色川武大 ほか)
2 心の師たち(森茉莉
山田風太郎 ほか)
3 古書探索(御伽草子『あきみち』
淡島寒月『梵雲菴雑話』 ほか)
4 本の時代に感謝をこめて(おそるべし、日記文学
ほんの紙魚 ほか)

著者紹介

中野 翠 (ナカノ ミドリ)  
コラムニスト、エッセイスト。社会・事件に関する批評のほか、映画や本、落語に関する文章で知られる。1985年、「サンデー毎日」に連載を始めて現在も継続中、それらをまとめた書籍が毎年刊行される。切れの良い文章、独特な視点に、支持者は多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)