• 本

鹿男あをによし

幻冬舎文庫 ま−17−1

出版社名 幻冬舎
出版年月 2010年4月
ISBNコード 978-4-344-41466-2
4-344-41466-7
税込価格 741円
頁数・縦 454P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • 奈良県民なら読むべし

    既にドラマ化もされて、ご存知の方も多いと思いますが、初めての方も二度目の方も、じっくり読んでみてください。奈良近辺の情景がリアルに感じることができるはず。今まで見ていた場所も違ってみえるかも・・・。

    (2014年3月18日)

  • 大学の研究室を追われた「おれ」は奈良の女子高に赴任する。慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さらに鹿・・・。鹿のおかげで奈良ライフは波乱に満ちた日々になってしまった! 13万部突破のマキメワールド。

    (2014年3月3日)

  • 主人公は奈良の鹿?

    鴨川ホルモーは京都が舞台だったが、今回は奈良。主人公はさえない教師だが、鹿ももうひとりの主人公。荒唐無稽、ドキドキ、無理矢理の連続だが面白い。

    (2010年7月15日)

  • 鹿男おそるべし

    思わず、ニタリとさせる不思議な書名。作者の豊富な知識と読みやすい文章。奇想天外ながら、さわやかな小説です。「何か面白い本ない?」とのお訊ねには、こちらお薦めです。鹿島神宮も登場します。(masa)

    (2010年6月23日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だ―出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは?古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー。

著者紹介

万城目 学 (マキメ マナブ)  
1976年生まれ。大阪府出身。京都大学法学部卒業。2006年、第四回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』は第一三七回直木賞候補、『プリンセス・トヨトミ』は第一四一回直木賞候補に。いま最も活躍が期待される若手作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)