• 本

ゴーマニズム宣言SPECIAL昭和天皇論

ゴーマニズム宣言SPECIAL

出版社名 幻冬舎
出版年月 2010年3月
ISBNコード 978-4-344-01795-5
4-344-01795-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 332P 21cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ゴーマニズム宣言SPECIAL昭和天皇論

    小林よしのりのゴーマニズムは健在にして、ますますその切れ味に磨きがかかっている。「戦争論」「天皇論」をいっそうに発展し、奥深く掘り下げた感が伝わってくる。今回は一段と力がこもった完全書下ろしのパワーがみなぎっている。昭和天皇を知る世代は懐かしさをもって表紙の天皇像を見て、ページをめくるとその穏やかな表情に隠された深い思いに心を打たれるはずである。単なる歴史論ではなく、時の流れを学ぶのにうってつけの書である。「ごーまんかましてよかですか?」あいまいな政治やメディアが跋扈する今日この頃、実に愉快な一冊だ。

    (2010年4月6日)

商品内容

要旨

没後、21年を経て、昭和天皇が甦る。失いすぎた我々が今、求めているのは、まさにこの巨人ではなかったか―。大ベストセラー『戦争論』の続編にして『天皇論』の前編であるばかりでなく、日本と日本人を束ね、戦後65年をゼロからやり直すよすがとなる「象徴」を描ききった、小林よしのり畢生の巨編。

目次

「あ、そう」と受容する日本の伝統
昭和天皇はマッカーサーとの会見で何を語られたか?
終戦時、国民の天皇への思い
天皇は玉音放送で何を語られたのか
「聖断」という奇跡
昭和21年元旦詔書は「人間宣言」ではない
沖縄を守った天皇メッセージ
昭和天皇の御巡幸
決着!昭和天皇の戦争責任
白村江の敗戦 天智天皇に学べ
御文庫から

おすすめコメント

没後、21年を経て、昭和天皇が甦る。失いすぎた我々が今、求めているのは、まさにこの巨人ではなかったか―。大ベストセラー『戦争論』の続編にして『天皇論』の前編であるばかりでなく、日本と日本人を束ね、戦後65年をゼロからやり直すよすがとなる「象徴」を描ききった、小林よしのり畢生の巨編。

著者紹介

小林 よしのり (コバヤシ ヨシノリ)  
昭和28年、福岡県生まれ。昭和51年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒットする。平成4年「ゴーマニズム宣言」の連載がスタート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)