• 本

電子工作が上達するセンサーのきほん

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2010年3月
ISBNコード 978-4-416-11002-7
4-416-11002-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

センサーを使いこなし電子工作のいろいろなワザを身につけよう。

目次

世の中で活躍する電子回路
センサーってなんだ?
感じることとは?
ナンセンスなセンス
人間の五感について
視角について
聴覚について
触覚について
味覚、嗅覚について
人間が感じられないセンサー〔ほか〕

出版社
商品紹介

センサーとはどんなものか、種類は…など、基礎知識をわかりやすく解説。さまざまなセンサーと実際の工作例を多数紹介。

著者紹介

伊藤 尚未 (イトウ ナオミ)  
1987年、筑波大学芸術専門学群総合造形卒。1989年、筑波大学大学院芸術研究科総合造形を修了。ハイテクノロジーアートからメディアアートへの移行期に、光、動き、音を素材として使った数々の現代美術作品を制作、発表。2001年から月刊誌「子供の科学」で電子工作記事を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)