• 本

オー!ファーザー a family

出版社名 新潮社
出版年月 2010年3月
ISBNコード 978-4-10-459604-1
4-10-459604-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 361P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 母1人子1人そして父親4人???

    とうとう知代さんがどんな風体なのかわからなかったが、私は知代さんになりたい!!そう思う女子多発するでしょう。浮気が男の甲斐性なら四股は女の甲斐性か?!ありえないけどあったら面白い。一妻多夫の物語。でも主役は息子の由紀夫君。当年とって15歳いや16歳?まあどっちでもいいや。青春多感なこの時期に県知事がらみの事件に飲み込まれ、とんでもないことに・・・てんやわんやの果てに一件落着する物語。

    (2010年6月27日)

  • 「家には父親が四人いる」衝撃的な帯見出しですが・・・

    帯を見て読んでみましたが、内容は伊坂の小説で間違いない。一般の高校生が巻き込まれるような事件とは思えず「エッ」と思う箇所もありますが、面白い。由紀夫出生の秘密は明らかになるのか。4人のまったく違う父親の活躍から目が離せません。今年も出版界を伊坂幸太郎がリードしてゆくのか。彼に続く作家さんどんどん出てきてください。

    (2010年4月12日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、みんなどこか変わっていて。俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。そして、今回、変な事件に巻き込まれて―。

出版社
商品紹介

家は6人家族で大変なんだ。えっ、そんなの珍しくないって。父親が4人もいるんだよ、それもアクの強いね……。

おすすめコメント

すべての伏線がつながるこの快感! 伊坂エンタメの技の冴えを、とくとご覧あれ。 みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。なんたって我が家は、六人家族で大変なんだ。えっ、そんなの珍しくないって? まあ聞いてよ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、飛びっきりアクの強いね。今回も、その一人と一緒に出かけたことから、とんでもない事件に巻き込まれてさ――。

著者紹介

伊坂 幸太郎 (イサカ コウタロウ)  
1971年千葉県生まれ。1996年サントリーミステリー大賞で、「悪党たちが目にしみる」が佳作となる。2000年『オーデュポンの祈り』で、第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第二十五回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第五十七回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2008年には『ゴールデンスランバー』で、第五回本屋大賞と第二十一回山本周五郎賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)