• 本

授業と評価をデザインする理科 質の高い学力を保障するために

出版社名 日本標準
出版年月 2010年4月
ISBNコード 978-4-8208-0459-8
4-8208-0459-6
税込価格 2,750円
頁数・縦 239P 26cm

商品内容

要旨

観察記録って、くわしく描かせるだけでいいのかしら…?第1部はストーリー仕立てで授業実践を紹介。授業づくりに奮闘する教師たちへ。

目次

理科の授業づくりにおける課題―何が問題か
第1部 理科の授業づくり(思考力・判断力・表現力を育成する授業づくり―小学4年「あたたかくなると」ほか
問題解決活動を重視した授業づくり―小学5年「おもりのはたらき」
OPPAによる授業のグランドデザイン―中学1年「いろいろな力の世界について考えてみよう」
学ぶ必然性を引き出す授業づくり―中学3年「化学変化とイオン」
生徒が理解できる授業づくり―中学3年「慣性」)
第2部 理科の授業づくりを支える基礎理論(理科教育の目標とは何か
評価方法をデザインする
理科の授業をつくる)

出版社
商品紹介

ストーリー仕立てで授業実践を紹介。学力向上を図るのに必要な授業づくり評価のあり方を提案。

著者紹介

堀 哲夫 (ホリ テツオ)  
山梨大学大学院教育学研究科(教職大学院)教授。理科教育学
西岡 加名恵 (ニシオカ カナエ)  
京都大学大学院教育学研究科准教授。教育方法学(カリキュラム論・教育評価論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)