• 本

佐々成政

人物文庫 え1−2

出版社名 学陽書房
出版年月 2010年4月
ISBNコード 978-4-313-75259-7
4-313-75259-5
税込価格 842円
頁数・縦 372P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

信長の親衛隊である黒母衣衆筆頭出身の成政は、勇気と知略をあわせ持ち、武功を重ね、越中一国の大名となったが、本能寺の変により事態は急変。前田利家との争い、家康との共同戦線の策定など信長への忠義の証を示した闘いの系譜と民政面で越中の人々のために尽くした数々の業績…。「成政復権」の一念とあたたかい眼差しで、彼の実像を丹念な史料検証と実地調査を重ねて綴った傑作史伝。

目次

第1章 佐々成政の越中入国―北陸の覇権争い
第2章 末森の戦い―勇気が知略をしのぐとき
第3章 真冬の北アルプス越え―伝説か真実か
第4章 早百合のぶらり火―愛妾惨殺の真相
第5章 佐々堤―現代にのこる成政の善政
第6章 肥後転封―朝鮮出兵のもたらした悲劇
補章 埋蔵金伝説―北アルプスの夢とロマン

著者紹介

遠藤 和子 (エンドウ カズコ)  
1925年富山市生まれ。富山師範学校卒業後、教員生活のかたわら、童話作品、教育実践記録などを発表。79年に退職後、本格的な作家活動に入る。日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)