• 本

精神の危機 他十五篇

岩波文庫 32−560−5

出版社名 岩波書店
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-00-325605-3
4-00-325605-0
税込価格 1,254円
頁数・縦 518P 15cm

商品内容

文学賞情報

2012年 第17回 日仏翻訳文学賞受賞

要旨

第一次世界大戦後「精神の危機」を書いたポール・ヴァレリーは、西欧の没落に警鐘を鳴らし、人間における“精神”の意味を根本的に問い直した。先端技術の開発にしのぎをけずり、グローバル化する市場経済の盲点を逸早く洞察し、「歴史」の見方に改変をせまった数々の論考は、21世紀の現代に通じる示唆に富んでいる。

目次

精神の危機
方法的制覇
知性について
我らが至高善「精神」の政策
精神連盟についての手紙
知性の決算書
精神の自由
「精神」の戦時経済
地中海の感興
オリエンテム・ウェルスス
東洋と西洋―ある中国人の本に書いた序文
フランス学士院におけるペタン元帥の謝辞に対する答辞
ペタン元帥頌
独裁という観念
独裁について
ヴォルテール