• 本

ジオ・メディアの系譜 進化する地表象の世界

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-7664-1739-5
4-7664-1739-9
税込価格 2,200円
頁数・縦 153P 21cm

商品内容

要旨

グーテンベルクの引き起こした「メディア革命」によって「ジオの世界」は万人のものとなった。そして今、「電子メディア革命」によって「ジオメディア劇場」の第2幕が始まろうとしている。

目次

第1章 地理学と地誌
第2章 地図というメディア
第3章 自然地誌と地図
第4章 写真と都市空間の地誌
第5章 映画から学ぶ地誌的な視点
第6章 メディアのモバイル化とリアルタイム地誌の誕生
第7章 デジタルメディアと想像的世界の体験
第8章 GISと地図の世界

出版社・メーカーコメント

世界を俯瞰する上で最も優れたメディアの一つ、ジオメディア(位置・地理情報を扱うメディア)の歴史をひもとき、理解を深める。

著者紹介

杉浦 章介 (スギウラ ノリユキ)  
慶應義塾大学経済学部教授(Ph.D.)。専門は経済地理学、都市・地域論、アメリカ研究
松原 彰子 (マツバラ アキコ)  
慶應義塾大学経済学部教授(理学博士)。専門は自然地理学、地球環境論
渡邊 圭一 (ワタナベ ケイイチ)  
慶應義塾大学環境情報学部非常勤講師。専門は経済地理学、都市地理学、世界都市論
長田 進 (オサダ ススム)  
慶應義塾大学経済学部准教授(Ph.D.)。専門は都市地理学、経済地理学
武山 政直 (タケヤマ マサナオ)  
慶應義塾大学経済学部教授(Ph.D.)。専門は経済地理学、都市空間分析、都市情報化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)