• 本

67億人の水 「争奪」から「持続可能」へ

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-532-31610-5
4-532-31610-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 217P 19cm

商品内容

要旨

水危機は解消できる!下水から生まれた飲料水、工場排水を使った野菜栽培など限りある水を守る国や企業、市民の新たな取り組みを紹介。

目次

1 森の章―水源の森は大丈夫か
2 中国の章―教育で水を守れ
3 都市の章―1億6000万トンの雨水を生かせ
4 ダムの章―水田や河川でも治水はできる
5 水道の章―公営から民間委託へ
6 水ビジネスの章―世界の水メジャーVS日本企業
7 国家の章―ニューウオーターとブルーニュディール
8 エネルギーの章―Food,Energy,Waterで考える
9 テクノロジーの章―不足・衛生・貧困問題をローテクで解決
10 市民の章―自分の水は自分で守る

著者紹介

橋本 淳司 (ハシモト ジュンジ)  
著述家、アクアスフィア代表、日本水フォーラム節水リーダー。1967年群馬県館林市生まれ。1990年学習院大学卒業後、出版社勤務を経て独立。以後、各地の水問題を取材し、水を主たるテーマに執筆活動を行う。また、国内の大学、高校、小中学校などで、水の大切さや世界各地の水事情を伝える出前授業「水の授業」を行い、Think the Earth Projectのソーシャル・アクション「Water Planetみずのがっこう」の副校長、独立行政法人国際協力機構の中国・節水型社会構築プロジェクトにおける普及啓発の専門家なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)