• 本

夜行観覧車

出版社名 双葉社
出版年月 2010年6月
ISBNコード 978-4-575-23694-1
4-575-23694-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 331P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 夜行観覧車

    すっかり実力派作家の仲間入りの「湊かなえ」最新作。小説推理新人賞を皮切りに、週刊文春ミステリーベスト10、本屋大賞第1位など、数々の賞をそうナメしていく。さらに映画化されるなど、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いだ。今回も“家族”をテーマにした小説。ただしこれまでの家族小説とはひと味もふた味も違った、ギリギリと人間の心のひだに切り込むような小説だ。そろそろデッカイ賞をとる予感を漂わせる出来栄えだ。

    (2010年7月22日)

  • 家族とは?

    絵に描いたようなエリート家族が巻き込まれた事件。被害者も加害者も同じ家族。外からは綺麗に見えても中は当事者でなければわからない。家族の絆も何かなければ確認することが出来ないものなのか?身の丈に合う生き方をしていきたいものだと、切に思った。そういう意味では問題提起小説と言えるのでは。

    (2010年6月11日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。

出版社・メーカーコメント

高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこど もたちは、どのように生きていくのか。その家族と向かいに住む家族の視点か ら、事件の動機と真相が明らかになる。『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」 小説。

著者紹介

湊 かなえ (ミナト カナエ)  
1973年広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。2005年第2回BS‐i新人脚本賞で佳作入選。07年第35回創作ラジオドラマ大賞を受賞。同年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し、同短編を収録した『告白』でデビュー。08年週刊文春ミステリーベスト10、09年本屋大賞でそれぞれ第1位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)