• 本

甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実

新潮文庫 な−72−1

出版社名 新潮社
出版年月 2010年8月
ISBNコード 978-4-10-133241-3
4-10-133241-X
税込価格 605円
頁数・縦 305P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 夏の甲子園が開催されるたびに取り上げられるのでしょう。

    これまで多くの特集などで取り上げられているので驚くような中身ではない。ただ、「松井」「河野」「監督・チームメイト」以外の取材も取り入れているため、いろんな角度から見ることができる。甲子園・松井ファンの方にオススメです。

    (2010年8月28日)

商品内容

要旨

「甲子園なんてこなければよかった」―。球史に刻まれた一戦、1992年夏、星稜vs明徳義塾。松井との勝負を避けた明徳は非難を受け、試合をきっかけに両校ナインには大きな葛藤が生まれた。あれから15年、自らの人生を歩みだした監督・元球児たちが語る、封印された記憶。高校野球の聖地で、彼らは何を思い、何が行われたのか。球児たちの軌跡を丹念に追ったノンフィクション。

目次

第1章 失望
第2章 誤解
第3章 前夜
第4章 伝説
第5章 挫折
第6章 沈黙
第7章 真相

著者紹介

中村 計 (ナカムラ ケイ)  
1973(昭和48)年、千葉県船橋市生れ。同志社大学法学部卒。スポーツ新聞記者を経てフリーライターに。スポーツをはじめとするノンフィクションをメーンに活躍する。『甲子園が割れた日』でミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。『雪合戦マガジン』の編集長も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)