• 本

テレビ・コマーシャルの考古学 昭和30年代のメディアと文化

出版社名 世界思想社
出版年月 2010年7月
ISBNコード 978-4-7907-1483-5
4-7907-1483-7
税込価格 3,300円
頁数・縦 238P 22cm

商品内容

要旨

記憶ではなく映像資料から、戦後社会のリアリティに迫る。これまで眠っていた9000本余の初期CMを掘り起こし、CM論に新たな展開をもたらすと同時に、戦後日本文化の歴史と現在を見直す。ステレオタイプに基づく昭和イメージに一石を投じる1冊。

目次

第1章 昭和三〇年代、CMとは何だったか―発掘されたプロトタイプを読む
第2章 CM言語の「断層」、一九五〇/六〇―広告としての自律化と受け手の内部化
第3章 一九五〇年代のテレビCMにおける音楽
第4章 昭和三〇年代のCMアニメーション制作―CMアニメーションに見る関西アニメーション産業の姿
第5章 昭和三〇年代におけるファッションとテレビCM
第6章 CM表現のパターン化と“専業主婦”オーディエンスの構築―「洗濯という営み」を中心に
第7章 あの時君は若かった?―昭和三〇年代CMに見る若者像
第8章 海外・沖縄向けCMと“日本”―昭和三〇〜四〇年代作品の分析
結語 放送史の余白から

出版社
商品紹介

9,000本余の初期CMを新たに掘り起こし、戦後日本文化の歴史と現在を見直す。ステレオタイプな昭和イメージに一石を投じる1冊。

著者紹介

高野 光平 (コウノ コウヘイ)  
1972年生まれ。茨城大学人文学部准教授
難波 功士 (ナンバ コウジ)  
1961年生まれ。関西学院大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)