• 本

誰が日本を支配するのか!? 沖縄と国家統合

出版社名 マガジンハウス
出版年月 2010年8月
ISBNコード 978-4-8387-2157-3
4-8387-2157-9
税込価格 1,466円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

政治の「迷走」ぶりは沖縄の米軍基地問題にもおよび、「普天間基地は最低でも県外へ」という公約は反故にされた。この問題は、日本の内政問題にとどまらず、米国や中国をはじめとする諸外国とのパワーバランスのもとで国家としての安定を図る、防衛・安全保障にも関わることだ。世界的民衆運動家ジョン・ホロウェイが唱える「権力を握らずに世界を変える」視点からも沖縄問題を考える。

目次

1 「普天間問題」の本質とは何か―沖縄の声に耳をすませば
2 渡瀬夏彦氏への手紙
3 密約問題と普天間問題―鳩山時代から私たちは何を学ぶか(密約問題
普天間問題)
4 ホロウェイで読み解く鳩山首相辞任と辺野古基地問題(「おばあ」の叫び
初めに叫びがある
鳩山前首相の功罪
急進的指導者の運命
旧体制派の力
「抑止力」物神崇拝
重なって砕ける5つの波
菅内閣の発足と「反乱」の行方)

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年1月18日、埼玉県生まれ。同志社大学大学院神学研究科修士課程修了後、外務省入省。分析のエキスパートとして力を発揮し、対ロシア外交の最前線で活躍。「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとる。2002年5月、背任容疑で逮捕。東京拘置所に512日間勾留される。逮捕の後も辞職はせず、失職までの執筆時の肩書きは「起訴休職外務事務官」。’05年に発表した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞
魚住 昭 (ウオズミ アキラ)  
1951年10月25日、熊本県生まれ。一橋大学法学部卒業。共同通信社社会部で司法記者として東京地検特捜部、リクルート事件などを取材。’96年退社し、フリーのノンフィクション作家に。同年、共同通信社会部のチームで書いた『沈黙のファイル―「瀬島龍三」とは何だったのか』(共同通信社)で日本推理作家協会賞受賞。2004年、『野中広務 差別と権力』(講談社)で講談社ノンフィクション賞受賞。’06年より、佐藤優、宮崎学らとメディア勉強会「フォーラム神保町」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)