• 本

Life誕生学の現場から

出版社名 ポプラ社
出版年月 2010年8月
ISBNコード 978-4-591-11992-1
4-591-11992-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 205P 19cm
無題ドキュメント
■立ち読みページを見る (画像をクリックすると大きくなります)
もったいない!
怖い「出産イメージ」A
もったいない!
怖い「出産イメージ」@
 
誕生が嬉しくなると未来が楽しくなる・・・
もっと輝くために、伝えあうことがある
  どう伝える? いのちの話
TV・女性誌で話題の「誕生学」!
◆ 全国から感動の声!
「自分ってすごい」
「私自身が子ども時代にこの話を聞いていたら、とても幸せに暮らせたのに」
「お母さんは僕のことをバカと言うけど、僕はバカじゃない」
「自分もよくここまで育ったなぁ」
「今すぐ帰って夫と子どもとたくさん命の話をしたくなりました」
「”いのちの道”っていい言葉ですね」
「すぐそこに大成長のポイントがあると学びました」
「生まれてきてくれてありがとう」
「いつか赤ちゃん産みたい」

商品内容

要旨

誕生が嬉しくなると未来が楽しくなる…もっと輝くために、伝えあうことがある。どう伝える?いのちの話。TV・女性誌で話題の「誕生学」。

目次

第1章 私と誕生学(もったいない!怖い「出産イメージ」
いのちのしくみの芸術性 ほか)
第2章 Voices(子どもたちの声を受け止める
小学生の感想文より ほか)
第3章 みんな答えを探している!どう伝える?いのちへの問い(大人からの質問
子どもから聞かれたとき ほか)
第4章 誕生学に興味を持たれた方へ(誕生学で生まれるもの プログラムの効果=「自己肯定感の上昇」
誕生学の広まり ほか)

出版社
商品紹介

妊産婦のみならず子どもからシニアまでに広がり始めた「誕生学」。それは、いのちを嬉しく思う学習プログラム。

著者紹介

大葉 ナナコ (オオバ ナナコ)  
バースコーディネーター。東京生まれ。女子美術大学短期大学部生活デザイン科卒業。10ヶ国を訪れた後、87年の初産時から女性の身体能力やセルフケアに関心を持ち出産準備教育を学ぶ。妊娠出産の知識といのちの大切さを、多くの世代が学べるように2003年バースセンス研究所設立、2005年日本誕生学協会設立。自尊感情を高めるいのちの教育「誕生学プログラム」(商標登録)が行政、学校、PTA、育児支援企業に好評を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)