• 本

ゆうやけ色 オカンの嫁入り・その後

宝島社文庫 Cさ−3−2

出版社名 宝島社
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-7966-7889-6
4-7966-7889-1
税込価格 503円
頁数・縦 221P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ひと回り以上も年下の“捨て男”と結婚したオカンこと陽子。陽子が余命一年と知った月子は、残り少ない母との日々を大切に過ごしていた。そんな折、音信不通だった捨て男の母親が突然現われる。その身勝手な態度に怒る月子だったが、自分とは違う価値観の家族のかたちを見るうちに、自身の将来を意識するようになる…。『さくら色 オカンの嫁入り』のその後を描いた感動の物語。番外編『おかえり』も収録。

おすすめコメント

宮崎あおい、大竹しのぶ出演! 映画『オカンの嫁入り』が、9月4日ついに映画公開! 映画原作『さくら色 オカンの嫁入り』の待ち望まれた続編がついに刊行。文庫書き下ろしです。

著者紹介

咲乃 月音 (サクノ ツキネ)  
大阪生まれ。京都外国語大学英米語学科卒業。1994年より香港在住。外資系金融会社勤務のかたわら、2005年から執筆活動を開始。2007年、『オカンの嫁入り』で「第3回日本ラブストーリー大賞」のニフティ/ココログ賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)