• 本

人の心をひらく技術 仕事と人生が変わる「聞き方」「話し方」

出版社名 メディアファクトリー
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-8401-3504-7
4-8401-3504-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

『中田英寿 鼓動』『YOSHIKI/佳樹』『イチロー・オン・イチロー』の著者。彼らはなぜ、心の内を彼女に明かしたのか?第一線で活躍するノンフィクションライターの仕事の流儀。

目次

第1章 「人とつながる」現場から(自分のすべてを投げ出して聞いた100時間―アストリット・Kとの邂逅
人間に向き合って胸の底にある言葉を導く―中田英寿との仕事
リスクを冒した第一の質問―イチローとの対決 ほか)
第2章 人の心をひらく(ステップ 人の心をひらくマナー
ステップ 会話を深めるスキル
ステップ コミュニケーション力を上げる)
第3章 「人間を聞く」ということ(誰にでも必ず話したいことがある―一期一会という大切な機会に
野心からの解放―和の伝統を受け継ぐ職人との交流
「聞く」技術のさらに上へ―トップアスリートとの現場 ほか)

おすすめコメント

イチロー、中田英寿、YOSHIKIといったビッグネームの本を書いてきた当代一流のノンフィクション作家・小松成美。「小松マジック」とまで言われる、コミュニケーションコテクニックを初めて明かす。実は引きこもりまでした、決して天性のコミュニケーション上手ではない著者だからこそ書ける誰でもコミュニケーション上手になれる方法!

著者紹介

小松 成美 (コマツ ナルミ)  
1962年、神奈川県横浜市生まれ。ノンフィクション作家。スポーツと本が好きな少女時代を経て、20歳で広告代理店に入社する。23歳で退職後、人生の目的を探し続ける日々を過ごし、1989年、ライターに転身。その後、ノンフィクション、インタビューを中心とする本格的執筆を開始する。徹底的な取材に基づくスポーツノンフィクション、人物ルポルタージュでは新境地を開いた。1995年、初の単行本『ビートルズが愛した女―アストリット・Kの存在』を出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)