• 本

GOSICKs 2

ゴシックエス・夏から遠ざかる列車

角川文庫 さ48−31

出版社名 角川書店
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-04-428112-0
4-04-428112-2
税込価格 660円
頁数・縦 252P 15cm
シリーズ名 GOSICKs

商品内容

要旨

まぶしい日射し、あふれる緑、静寂に満ちた、聖マルグリット学園―極東からの留学生・久城一弥と智恵の泉を持つ少女、ヴィクトリカは初めての夏休みを迎えた。大図書館で、庭園で、芝生で、謎を解き、世界を語る2人の距離は少しずつ近づいてゆく。やがて訪れる大きな嵐の予感すら、この輝きを曇らせはしないのだ―。人気ミステリシリーズの名探偵コンビ、つかの間の安らかな日日を描いた外伝短編集。

おすすめコメント

誰もいない学園で、ヴィクトリカと一弥、二人きりの夏休みが始まる。海を越えたパズル、セシル先生の過去…謎を解きながら絆を深めてゆく名コンビ、最後の平和な日々。

著者紹介

桜庭 一樹 (サクラバ カズキ)  
2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受け、07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞を受賞。同書は直木賞にもノミネートされた。08年『私の男』で第138回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)