• 本

クジラと海とぼく

出版社名 アリス館
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-7520-0523-0
4-7520-0523-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 111P 21cm

商品内容

要旨

少年の憧れだった海の世界はやがて彼を海洋写真家へと導いた。思い続ければきっとかなう。海とクジラを追いつづけた少年の物語。

目次

少年時代(ウミガメが来る浜
顕微鏡をのぞく
クジラという動物
海中世界へ
いくつかの失敗
さらなる失敗
クストーの世界
クジラの姿
イルカとの出会い
水中撮影を試みる)
大人への階段(大学で学ぶ
臨海実験所
沖縄へ)
クジラと泳ぐ(はじめてのホエール・ウォッチング
自分についての再発見
母子のクジラ
巨鯨シロナガスクジラ
クジラと遊ぶ)

著者紹介

水口 博也 (ミナクチ ヒロヤ)  
写真家・海洋ジャーナリスト。1953年、大阪生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社に勤務しながら、クジラやイルカなどの撮影をつづける。1984年、フリーランスとして独立。以来、世界中の海をフィールドに、動物や自然を取材して数々の写真集を発表。とりわけ鯨類の生態写真は世界的に評価されている。1991年、写真集『オルカ アゲイン』(風樹社)で講談社出版文化賞写真賞受賞。1997〜2001年、人間と海や地球の関わりを考える独自のメディアとして、海のグラフィック雑誌「スフィア」を主宰
しろ (シロ)  
東京生まれ。画家・版画家。現在はフリーの立場で幅広い制作活動を行い、繊細な筆致や、大胆な色彩を駆使しながら、自然や生き物の生命力を表現している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)