• 本

居酒屋の魚類学

出版社名 東海大学出版会
出版年月 2010年10月
ISBNコード 978-4-486-01886-5
4-486-01886-9
税込価格 2,700円
頁数・縦 180P 21cm

商品内容

要旨

水産物と語らう一献の楽しみ。居酒屋に必携のおもしろ魚類学。水産物に感謝を。

目次

ぷちぷち卵のないオスはどこへ―シシャモ
「メンタイコ」は何語かご存じ?―スケトウダラ
栄養豊富サプリメントな気分―サンマ
煮付けを食べる時、探してみて―マダイ
技術の進歩刺し身もおいしく―マサバ
この色素、健康にとても効果的―サケ
ギザギザ突起で見分けは簡単―マアジ
貴重で手間がかかり高価の卵―ボラ
お値段も体もビッグな「横綱」―クエ
スルリと横へ裂ける秘密は…―スルメイカ〔ほか〕

著者紹介

高田 浩二 (タカダ コウジ)  
1953年大分県生まれ。東海大学海洋学部水産学科増殖課程卒業、博士(学術)。現在、(株)海の中道海洋生態科学館(マリンワールド海の中道)館長、日本動物園水族館教育研究会会長、NPO法人ミュージアム研究会理事長、福岡教育大学非常勤講師ほか
大隅 洋子 (オオスミ ヨウコ)  
1977年福岡県生まれ。九州産業大学芸術学部デザイン学科ビジュアルデザインコース卒業。印刷会社、デザイン会社等を経て、現在、フリーのビジュアルデザイナー・イラストレーターとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)