• 本

渋沢栄一 人こそ力なりの思想

幻冬舎ルネッサンス新書 い−3−1

出版社名 幻冬舎ルネッサンス
出版年月 2010年10月
ISBNコード 978-4-7790-6024-3
4-7790-6024-9
税込価格 922円
頁数・縦 242P 18cm

商品内容

要旨

興した会社は500社以上、近代日本の経済発展に寄与した偉大なる実業家・渋沢栄一の若き日に焦点を当てる。どのような青年期を過ごし、どういう人々から影響を受けてきたのか。なぜ斬新な改革を次々と実現できたのか。時代を経ても決して色あせることのない、渋沢栄一の義と開拓の精神を著したビジネスリーダー必読の書。

目次

第1章 栄一、討幕を企てる(尾高惇忠―藍香ありてこそ青淵あり
討幕計画を練る)
第2章 栄一、幕臣になる(平岡円四郎―運命を変えた出会い
徳川慶喜―永遠の「主君」)
第3章 栄一、フランスへ行く(徳川昭武―全行程に随行
明治維新と渋沢一族 ほか)
第4章 栄一、大蔵官僚となる(大隈重信―付かず離れず
井上馨―最も信頼する上司 ほか)

著者紹介

今井 博昭 (イマイ ヒロアキ)  
和歌山県橋本市に生まれる。関西大学法学部卒業後、東京に出る。品川・大井町で、書店員としてアルバイト生活を1年8か月送り、昭和49年(1974)12月、埼玉県庁に入る。主に、福祉、労働、商工分野の業務に携わり、現在は、派遣先の埼玉県商工会連合会に勤務している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)